一般社団法人 街角に音楽を@香川

MUSIC BLUEモバイルサイトQCコード
お問い合わせはこちら
『MUSIC TREE』MUSIC BLUEの活動は音楽を愛する多くの方々に支えられています。(もっと詳しく)
Facebook MUSIC BLUEファンページ
You tube ライブムービー配信中
message for MUSIC BLUE 応援メッセージはこちら
『高松ミュージックブルーフェス 2018』5.5-5.6
その日、高松をハーモニーが包む。『高松ミュージックブルーフェス』5.6-5.7
このイベントは終了しました
音楽はひとつの空に向けて。『高松ミュージックブルーフェス』5.4-5.5
このイベントは終了しました
瀬戸内の青に響く。『高松ミュージックブルーフェス2015』5.4-5.5
このイベントは終了しました
街角に音楽をフェスティバルin高松2014
このイベントは終了しました
瀬戸内国際芸術祭2013後援事業『CAFE MUSIC BLUE』7.20sat-9.1sun
このイベントは終了しました
瀬戸内の海に響く歌『街角に音楽をフェスティバル in 高松』
このイベントは終了しています。
東日本大震災復興支援チャリティーイベント『街角に音楽をフェスティバル in 高松2012』
このイベントは終了しています。
瀬戸内国際芸術祭2010公式音楽イベント『MUSIC BLUE』
『SONG IN BLUE』自由のカタチ(オリジナルCD)

今後の活動スケジュール&バックナンバー

[2013/07] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Archive for 7月 2nd, 2013

2013年7月2日

7月28日瀬戸・高松 COLORS OF MUSIC「島と旅と音のハーモニー」 

setotakamatsu_0723setotakamatsu_0723

●7月25日(木)昼間 直島 海の駅なおしま 14時~15時30分ころ
出演者:Irish Music Band (from O’Jizo, tricolor & John John Festival) (アイリッシュミュージック)
●7月28日(日)昼間 豊島片山邸 13時~
出演者:サク・セブル 3名 ギターバイオリンピアノ(マヤ)
●8月10日(土)昼間  
 出演者:ロスミドラス 4名(フォルクローレ南米ミュージック) ことでんレトロ電車特別運行内 築港10:38発 琴平13:19 発
●8月18日(日)昼間 
 出演者:伊沢陽一steelpan+田ノ岡三郎accordion 2名(ワールドミュージック ことでんレトロ電車特別運行内 築港10:38発 琴平13:19 発 
●8月31日(土)昼間 小豆島~フェリー~ 
 出演者: 三四朗 & 星羅(ポップス&Jazz)
14時船着き場 演奏 ・(小豆島13:30頃着)14:45発→高松港15:50着内で演奏

●9月1日(日)昼間 女木島 OK
 出演者:松田美緒ユニット2名 女木島 (ラテンミュージック)
13時半 本番

プロフィール

Sak Tzevul(サク・セブル)

SAK TZEVULの音楽には、中南米の先住民たちに代々受け継がれてきたマヤ音楽の特徴である 2拍子と3拍子を組み合わせた独特のリズムが息づいている。楽曲の中には、 拍のない拍(時間のない時間-カオスもしくは調整期間とも考えられる)という マヤの世界観が感じられることだろう。

Sak Tzevul(サク・セブル)紹介

 サク・セブル SAK TZEVUL・・・ツォツィル語で稲妻を意味するこのグループは、メキシコ最南端に位置するチアパス州のマヤ系先住民の村、シナカンタンZinacantanで1996年、産声をあげた。 シナカンタン出身のリーダー、ダミアン・マルティネスが楽曲の作詞・作曲の大半を担当。
サク・セブルの歌は、古くからチアパスに伝わる伝統音楽を核として自らの言語であるマヤ系ツォツィル語で歌われる。多くの人々にメッセージが届くよう、その他のマヤ系言語(ツェルタル語)やスペイン語、そして日本語でも歌われ、ジャンルにとらわれない多彩なアプローチでその精神が歌われる。 2007年よりヴァイオリン奏者の渡辺りえとオカリナ兼トロンボーン奏者の西居かおりが加わり、グループのサウンドに日本の色がフュージョンされた。2009年には、アルバム“Xch’ulel Balamil 大地の精霊たち”がリリースされ、今回の“Selva Soñadora夢見る森”はそれに続く2枚目のアルバム。 サク・セブルは、これまでに国内外で多様な演奏活動を行ってきた。2009年には、メキシコ人歌手、エウへニア・レオンが案内役のドキュメンタリー”Tocando Tierra”に出演。2010年、メキシコシティーの国立芸術宮殿、米国シカゴの国立メキシコ芸術美術館 National Museum of Mexican Art にて演奏。その他、チアパス州各地においても先住民族の村々を回り、その土地の伝統音楽家たちとコラボレーションをしたり、伝統音楽家育成のための指導も行っている。

2011年の東日本大震災の直後、メキシコシティーにて計 6ヶ所を巡るチャリティ・コンサートツアーを自主企画し、収益全額を在メキシコ日墨協会を通し日本赤十字社に寄付。

2012年の5月、ハバナ・ハーレム・プロダクション主催で国連本部やリンカーンセンターを初め、ニューヨーク各地でのコンサートツアーを実現。6月にはメキシコを代表してロシアのペルミで行われた“白夜のフェスティバル”に参加。10月、メキシコのグアナフアト国際セルバンテス祭に参加し、グループの独特なサウンドが絶賛された。

マヤ歴によると現在は、古い時代と新しい時代の間に存在する「時間のない時間」、いわゆる過渡期にあたるという。バンド結成15周年を迎えた2011年は、世界的にも激動の1年となった。マヤの人々によれば2012年の終わりから2013年にかけて、新しい目覚めの時代がやって来るということだ。この時期に生まれてきた私たちは、新しい時代の前にやって来る混沌の時を経て、その時に備えなければならないという。

旅立っていったたくさんの大切な人々が残してくれた教えを胸に、彼らから受け継いだ種を大事に花咲かせ、次世代に伝えていくことこそが私たちの願いだと言えよう。この時期にあって、何千年にもわたって栄えてきたアメリカ大陸 Abya Yala(注)の人類が築いてきた文化をもう一度見直してみたい。そして人間の起源の歴史をさかのぼり、その歴史の無言の証人とも言えるチアパスに眠るラカンドンの森の目覚めを待ちたい。先祖の魂に導かれて、新しい時代に向かっての旅が今、始まろうとしている。

SAK TZEVULの音楽には、中南米の先住民たちに代々受け継がれてきたマヤ音楽の特徴である2拍子と3拍子を組み合わせた独特のリズムが息づいていると言えよう。楽曲の中には、拍のない拍(時間のない時間-カオスもしくは調整期間とも考えられる)というマヤの世界観が感じられることだろう。それらが、ダミアンの魂のヴォーカルに絡む超絶技巧のヴァイ オリンやチアパスの風を感じさせるオカリナの音色と共に聴く者を不思議な空間に誘うことだろう。

サク・セブルの歌、それは母なる大地から花が咲くように湧き出る魂のうた・・・・・

Sak Tzevul 2012
注)コロンブス新大陸発見前の「アメリカ大陸」の古い呼び名。「成熟した大地」もしくは「生きた血の大地」の意

;

2013年7月2日

7月25日 瀬戸・高松 COLORS OF MUSIC 「島と旅と音のハーモニー」

20130121KozoToyota 20120623YukaNakafuji 20130415中村大史 20130415大久保真奈

島を、電車を、船を会場に生きた音が人々をつなぎます。人々の生活から生まれ出た音楽、ルーツミュージックの息吹が島や生活の日常に響く・・・。互いにたくましき生きぬく場と音がつくるなつかしいハーモニーです。

●7月25日(木)14時~ 15時~ 直島 宮之浦港 海の駅なおしま

出演者:Irish Music Band (from O’Jizo, tricolor & John John Festival) (アイリッシュミュージック)

東京の3つの人気アイリッシュバンドのメンバーが今回のツアーのために編成した特別ユニット。

タイタニックの三等客室のような踊り出したくなるダンス音楽と、どこか懐かしい哀愁を帯びた旋律は、どちらもツボにはまること間違 いなし。

 

豊田 耕三(アイリッシュ・フルート&ティン・ホイッスル)

東京芸術大学音楽学部、同大学大学院修士課程修了。

谷村新司、ゆず、NHK 連続テレビドラマ小説『ゲゲゲの女房』、坂本龍一+中谷美紀、葉加瀬太郎、小林明子他、多数の録音に参加。

日本人として初めてオール・アイルランド・フラー・キョールのコンペティション本戦に出場。アイルランド国内の複数のフェスティバルに参加。その演奏が絶賛され、国営放送を始めとする各種メディアに取り上げられる。

https://www.kozo-toyota.com/

中村大史(ギター、アコーディオン、ブズーキ)

北海道生まれ。東京芸術大学音楽環境創造科卒。

アコーディオン、ギター、ブズーキ、マンドリンなど様々な楽器を用いて、演奏・作曲をおこなう。

O’Jizo、tricolor、John John Festival等のグループ、或いは個人として、アイルランド伝統音楽の演奏・普及活動をおこなう。

オリジナル曲を演奏するアコーディオンデュオmomo椿*ユニットでの活動の他、舞台での生演奏出演や作曲、録音やサポート演奏等、幅広く活動を展開している。

https://anilaly.jugem.jp/

大久保真奈(フィドル)
3歳よりヴァイオリンを始める。6歳より吉田真紀氏に師事。
大学入学後、アイリッシュ音楽に出会いフィドルを始める。
映画『ハナミズキ』、テレビアニメ『魔法遣いに大切なこと』、テレビ番組『おとうさんといっしょ』他、テレビCMなど多数の録音に参加。
現在、John John Festival、ハンドリオン等のグループでの活動や、サポートミュージシャンとして、さまざまな場で演奏を行っている。

中藤有花 (フィドル&コンサーティーナ)

東京音楽大学付属高校大学卒業。

幼 少からヴァイオリニストの母の影響でヴァイオリンとピアノを始める。中学時代にアイルランド音楽と出会い、高校時代から数度アイルランドに渡り現地の ミュージシャンからも音楽を学び、セッションデビューも果たす。現在は、アイルランドの伝統楽器コンサーティーナも演奏し、アイルランドの伝統ダンス音楽 を演奏する”tricolor” や、17世紀に活躍した吟遊詩人オキャロランの音楽を中心に演奏するトリオ”笛織絵”などを中心に活動中。 tricolorでは、2011年3月に八ヶ岳の山小屋でレコーディングしたアルバム”B&B”をリリースし、CDショップにて発売している。

また、後進の指導も行っており、大人から子供まで幅広い年齢の方に音楽の楽しさを伝えている。

中藤有花Blog : https://moon.ap.teacup.com/yukanaka/

tricolor web site : https://tricolor3.web.fc2.com