一般社団法人 街角に音楽を@香川

MUSIC BLUEモバイルサイトQCコード
お問い合わせはこちら
『MUSIC TREE』MUSIC BLUEの活動は音楽を愛する多くの方々に支えられています。(もっと詳しく)
Facebook MUSIC BLUEファンページ
You tube ライブムービー配信中
message for MUSIC BLUE 応援メッセージはこちら
『高松ミュージックブルーフェス 2018』5.5-5.6
その日、高松をハーモニーが包む。『高松ミュージックブルーフェス』5.6-5.7
このイベントは終了しました
音楽はひとつの空に向けて。『高松ミュージックブルーフェス』5.4-5.5
このイベントは終了しました
瀬戸内の青に響く。『高松ミュージックブルーフェス2015』5.4-5.5
このイベントは終了しました
街角に音楽をフェスティバルin高松2014
このイベントは終了しました
瀬戸内国際芸術祭2013後援事業『CAFE MUSIC BLUE』7.20sat-9.1sun
このイベントは終了しました
瀬戸内の海に響く歌『街角に音楽をフェスティバル in 高松』
このイベントは終了しています。
東日本大震災復興支援チャリティーイベント『街角に音楽をフェスティバル in 高松2012』
このイベントは終了しています。
瀬戸内国際芸術祭2010公式音楽イベント『MUSIC BLUE』
『SONG IN BLUE』自由のカタチ(オリジナルCD)

今後の活動スケジュール&バックナンバー

[2012/12] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Archive for 12月, 2012

2012年12月17日

2013年3月1日 MUSIC BLUE 瀬戸・高松ブラジル音楽フェス スペシャルコンサート 「渡辺貞夫グループ2013」

「音楽の架け橋」
アメリカ、アフリカ、そしてブラジル…、
渡辺貞夫さんは、世界の音楽の色彩を私たちに届けてきてくれました。
ボサノバブームその他、ワールドミュージックを自らの音楽に取り入れ創造を重ねた先見性、革新性は
世界が認め、「カリフォルニアシャワー」などの大きな評価となったのはご存じだと思います。
尽きぬ好奇心と共に、変わらずにあったのは言葉や国を超えた「人々へのあたたかな視点」です。
音楽はシンプルで楽しいもの、老若男女どなたの心にも届くもの・・。

今回は素晴らしいメンバーたちとのスペシャルコンサート
「瀬戸・高松ブラジル音楽フェス」の趣旨は、音楽が溢れるアートシティ高松に向けて、
広く皆さんにグッドミュージックを感じていただくこと。
「音楽の楽しさと世界への架け橋」ともいうべき「SADAO WATANABE MUSIC」の魅力に
是非触れていただきたいと思います。



出演:渡辺貞夫グループ2013
会場:サンポートホール高松大ホール
日程:2013年3月1日(金)
時間:18時開場 19時開演
入場料:大人4500円 学生2500円(消費税込) <全席指定>※当日券は500円増し

★チケットは12月25日(火)発売開始!

★チケットのお求めは…
一般社団法人 街角に音楽を@香川 TEL:087-851-5855
チケットぴあ (サンクス・サークルK・セブンイレブン) TEL:0570-02-9999 Pコード:189-287 HP:pia.jp/t
デュークショップ高松店 TEL:087-870-5880
ヤマハ高松店1階 TEL:087-822-3068
サンポートホール高松ホール棟1階プレイガイド TEL:087-825-5008
高松市職員消費生活協同組合 TEL:087-839-2043
香川県庁消費生活協同組合 TEL:087-832-3822
SPEAK LOW TEL087-837-0777
SO NICE TEL:087-873-2117
ミモザバード TEL:087-816-0031
※学生席・車椅子席(お席は1階後部となります)をご希望の方は、街角に音楽を@香川までご連絡ください。
※未就学児はご入場いただけません。ご了承くださいませ。


★サンポートホール高松大ホール座席表

   ⇒1階席はこちら
   ⇒2階席はこちら
   ⇒3階席はこちら

★「一般社団法人 街角に音楽を」でのチケット受け渡し方法
下記の3パターンからお選びいただけます。
チケットはご連絡をいただいた時点で最上と思われるお席をお勧めいたします。
恐縮ですが2012年12月31日~2014年1月3日までは対応しておりません

1)SPACE Ariaにて直接お求めいただくことができます。
(受付は9時~18時ですが、念のため、おいでいただく前にお電話087-851-5855でご予定をお聞かせください 土日祝日も受け付けます。)

2)メールinfo@machikadomusic.netかFAXにて「お名前、ご住所、ご連絡電話番号、FAX番号、購入席数、」を明記してお申し込みいただき、
振込み口座をお伝えいたします。
お客様よりのお振込みを確認後、ご郵送させていただきます。
ご郵送の場合は簡易書留代金380円を加算してお振込みください。
お振込み手数料はお客様のご負担となります。
お振込みはお申し込みの3日以内にお願いいたします。
※携帯電話のメールをご利用で、ドメイン指定受信をされている場合は弊社からの返信メールが受信できません。
解除していただくか、@machikadomusic.net を指定してください。

主催:高松市
後援:ブラジル大使館
企画制作:一般社団法人 街角に音楽を@香川





【出演者】
渡辺 貞夫 / Sadao Watanabe  (Alto Saxophone)


1933年宇都宮生まれ。
18歳で上京後、秋吉敏子のコージー・カルテットをはじめ数々のバンドへの参加、
バークリー音楽大学への留学等を経て、日本を代表するトップミュージシャンとして
ジャズの枠に留まらない独自のスタイルで世界を舞台に活躍。
2005年“愛知万博”では世界中から集まった子供達400人と、国境や文化を越えた歌と
リズムの共演という長年の夢を実現させ、それらの活動は海外へ広がる。
2011年アルバム「COME TODAY」を発表し、音楽活動60周年を記念したコンサートは各地で
好評を博す。国立音楽大学の招聘教授として次世代の育成にも力を注ぐ。
現在も精力的に演奏活動を行う生涯現役プレイヤーのその姿は、世界中の老若男女に
勇気と感動を与えている。



小野塚 晃 / Akira Onozuka  (Pf/Key)


1967年7月29日生まれ 埼玉県出身
18歳でプロとしてスタジオワークをスタート。
シンセサイザーからオルガン、ピアノまで、力強さと優しさを兼ね備えた弾きこなしは
ジャズを基盤としながらもジャンルにとらわれないプレイで様々なジャンルのアーティストに 絶賛される。
1992年インストゥルメンタルグループDIMENSION結成。これまでに23枚のアルバムをリリース。
2007年に東京JAZZへの出演、2008年には韓国単独公演を大成功に終える。
個人の活動としては1996年から現在に至るまで渡辺貞夫グループのキーボード&ピアノを担当。
モントルージャズフェスティバルをはじめ、多数の海外公演に同行している。
2010年2ndソロアルバム『Rera』リリース。現在ソロ名義のライヴや新人アーティストのプロ
デュース等も、精力的に行なっている。



養父 貴 / Takashi Yofu (g)


1969年千葉生れ。
1988年にバークリー音楽大学へ入学、ギター、作・編曲を学ぶ。
帰国後は主にジャズ・フュージョン系のバンドに参加しCDをリリース。
現在は多くのアーティストのレコーディングやツアーに参加、ジャンルの垣根を越えた幅広い活動を
行っている。
2005年には初のソロ・アルバム「FELLIN’RIGHT」を発表。
「ギタリストのための全知識」を出版する等、後進の指導も行っている。
2009年から渡辺貞夫グループのメンバーとして国内外のツアーに参加。



コモブチ キイチロウ / Kiichiro Komobuchi (エレクトリックベース、ウッドベース、作曲、アレンジ)


1966年東京生まれ。香港にて幼少期を過ごす。
音楽好きの家庭に育ち、15歳でチョッパーベースを見てベースを始める。
ピットインなどのジャズライブハウスを中心にセッション活動を開始。
90年代頃からブラジル音楽に傾倒するようになる。
ボサノヴァ黄金期の一人、ロベルト・メネスカルとの出会いを機にボサノヴァ生誕40周年コンサート
「Gets Bossa Nova」に出演。
ワンダ・サー、カルロス・リラ、ドリ・カイミ、ミュシャ、フィロー・マシャードと共演。
現在サンバのグルーブを信条に掲げ、様々なバンドに参加、演奏活動を展開している。
国内では渡辺貞夫、渡辺香津美、カルロス菅野、マリーン、渡辺真知子、CHAKA、玉置浩二、小野リサ、
古澤巌、クリヤマコト、東儀秀樹、アンサリーのライブツアー、レコーディングなどに参加している。



本田 珠也 / Tamaya Honda  (Drums)



1969年東京生まれ。幼少期よリドラムスティックを手にし、天賦の才能に加え、アグレッシブでパワフル
且つ感性豊かなプレイで、様々なジャンルをこなすようになる。
2000年東芝EMIより初リーダーアルバム「PLANET X」をリリース。
2007年リーダーとしては待望の2作日となる「Elvin Jones Tribute Band」をリリース。
その年から菊地成孔Dubsextetに参加。
最近は、積極的に即興演奏の活動に取り組み、主な共演者は、Peter Brotzmann、人木美知依、大友良英、坂田明等。
2011年6月、ドイツのMoers Jazz Festivalに八木美知依ダブルトリオで出演し、11月にはオーストリアで行われた
Peter Brotzmann生誕70年記念コンサートに招致される等、国内外で精力的に活動している。




ンジャセ ニャン / N’diasse Niang (Percussion)


1962年セネガル生まれ。
伝統楽器ジャンベほか、サバール、ブガラブー等を演奏し、セネガル第2国立舞踏団「シノメウ」のソリストを務め、
自己のグループ「ドゥグ」のドラマー、シンガーとしても活躍。
2001年に拠点を日本に移し、日本人とセネガル人の友好グループ「ニュン」を結成。
2003年渡辺貞夫との出会い以来、多数のステージを支える。
2005年“愛知万博”、2008年“サラゴサ万博”の「シェア・ザ・ワールド・コンサート」にセネガルの代表として参加。