一般社団法人 街角に音楽を@香川

『MUSIC TREE』MUSIC BLUEの活動は音楽を愛する多くの方々に支えられています。(もっと詳しく)
Facebook MUSIC BLUEファンページ
You tube ライブムービー配信中
message for MUSIC BLUE 応援メッセージはこちら
『高松ミュージックブルーフェス 2018』5.5-5.6
その日、高松をハーモニーが包む。『高松ミュージックブルーフェス』5.6-5.7
このイベントは終了しました
音楽はひとつの空に向けて。『高松ミュージックブルーフェス』5.4-5.5
このイベントは終了しました
瀬戸内の青に響く。『高松ミュージックブルーフェス2015』5.4-5.5
このイベントは終了しました
街角に音楽をフェスティバルin高松2014
このイベントは終了しました
瀬戸内国際芸術祭2013後援事業『CAFE MUSIC BLUE』7.20sat-9.1sun
このイベントは終了しました
瀬戸内の海に響く歌『街角に音楽をフェスティバル in 高松』
このイベントは終了しています。
東日本大震災復興支援チャリティーイベント『街角に音楽をフェスティバル in 高松2012』
このイベントは終了しています。
瀬戸内国際芸術祭2010公式音楽イベント『MUSIC BLUE』
『SONG IN BLUE』自由のカタチ(オリジナルCD)

今後の活動スケジュール&バックナンバー

[2021/03] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2021年3月29日

高松ミュージックブルーフェス2021 

「ミュージックトラベラー」
音楽の船に乗って僕たちはどこへも行ける
地球の裏にも そして君のもとへも
さあ今、漕ぎだそう 新しい海へ

今年の5月ゴールデンウィーク、サンポート高松エリアのオープンエアーでの開催をいたします。(感染対策は以下に)

会場:
A:5月4日(祝)JR高松駅前広場 玉藻公園西門北プロムナード 高松シンボルタワーデックスガレリア

B:5月4日(祝)サンポート高松大型テント広場

C:5月5日(祝)JR高松駅前広場 玉藻公園西門北プロムナード フェリー乗り場(Liminal Air -core- 前)高松シンボルタワーデックスガレリア

時間:12時~18時予定 大型テント広場のみ14時~19時予定
出演者:ゲスト 5組、地元 37組(予定)  全42組(予定)

観覧方法 (観覧は香川県内の皆様に限ります)
①事前にスマートホンで参加アプリPeatixのチケット(無料)を取得ください
②当日、いずれかの観覧エリア受付で上記参加アプリから届いたQRコードをスタッフに示してチェックイン
→リストバンドを受け取りください(そのリストバンドは同日の対象会場にて使用できます)
③当日まで会場でもチケットは取得できます
④観覧エリアが制限人数に達したらエリア内には入場できません
⑤観覧エリア入り口で検温、リストバンド提示をお願いします

観覧エリアに入場するにはPeatixにて事前に無料チケット(4月20日受付開始)を取得ください
観覧申し込みココカラ

当フェスは、政府の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインや、
県の催物の開催にあたっての留意事項に基づく感染防止対策を講じたうえで行います。

・発熱等体調がすぐれない方は来場をお控えください。
・会場ではマスクの着用をお願いいたします。・会場での飲食はできません
・観覧エリアは人数制限させていただきますので状況によっては入場いただけない場合もございます。
・会場において、感染予防・感染拡大防止対策に基づく係員の指示に従っていただけない場合、ご退場いただく場合があります。
・消毒等のため毎ステージ後に入れ替えをさせていただきます(大型テント広場を除く)
・新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストールのご協力お願いします。
・社会状況により当日までの間に変更・中止などの決定をする場合があります
その場合はHPにて発表させていただきます。

皆様の安全のための開催フォームです。ご理解いただけますようお願い申し上げます。

●ゲスト
5月4日―大型テント広場 様々なジャンルのアーティストがそろいます。
Ojizo(アイリッシュミュージック)
松田美緒(ブラジル・ラテン音楽)
Pasqua(ユーロジャズ)
The Timeless Nation (小沼ようすけ+Kai Petite +沼澤尚) feat. 多和田えみ
(実験的ジャズ・ソウル・ランドスケープ)
SOUTH SIDE JAZZ BAND(デキシ―ジャズ)

5月4日
●JR高松駅前広場
12時~12時30分 SWJO NY-Combo(上記フライヤー表記は訂正いたします)
13時~13時30分 カンカラネーネーズ
14時~14時30分 ジャンゴティガール
15時~15時30分 South Blues Band
16時~16時30分 NOIZ
17時~17時30分 WANNABE
●玉藻公園西門北プロムナード
12時30分~13時 SWING SAM
13時30分~14時 クリスタルDキングス
14時30分~15時 Soul 痛 Soul
15時30分~16時 ESHA MESHA
16時30分~17時 音楽療法グループWALKS
●高松シンボルタワーデックスガレリア
12時30分~13時 WHITE WIND
13時30分~14時 ヨシコトミキ
14時30分~15時 シャンソン20区
15時30分~16時 ファミーユ・サクスフォン・カルテット
16時30分~17時 西川ユウヒスキー
●大型テント広場(予定)
14時~14時45分   Ojizo
15時~15時40分   松田美緒
15時55分~16時40分 高橋誠Pasqua
16時55分~17時55分 The Timeless Nation (小沼ようすけ+Kai Petite +沼澤尚) feat. 多和田えみ
18時10分~18時55分 SOUTH SIDE JAZZ BAND(デキシ―ジャズ)

5月5日
●JR高松駅前広場
12時~12時30分 Vocal Group AURORA(アウローラ)
13時~13時30分 高松ジャズユニット
14時~14時30分 ゆうゆうバンド
15時~15時30分 海人Family
16時~16時30分 クリスタルハーモニージャズオーケストラ
17時~17時30分 THE CHOIR ALL STARS
●玉藻公園西門北プロムナード
12時30分~13時 RAG ROSE
13時30分~14時 Favorite things
14時30分~15時 みちるカルテット
15時30分~16時 DEXTER
16時30分~17時 トラトリオ
●フェリー乗り場 Liminal Air -core- 前
12時30分~13時 COSMOS
13時30分~14時 ウクレレBABYとSAXダンディ
14時30分~15時 津軽三味線 筒井茂広
15時30分~16時 ダッパーサクセーバーズ
16時30分~17時 Hawaiʻian vocal duo KAI
●デックスガレリア
12時30分~13時 SON DE HABANO
13時30分~14時 Trick Box
14時30分~15時 シゲルとキイチ
15時30分~16時 B-gata Duo+one
16時30分~17時 あぷまーしゅ

主催:MUSIC BLUE TAKAMATSU 実行委員会
(高松市、シンボルタワー開発株式会社、ヨンデンプラザ・サンポート、
株式会社百十四銀行、四国旅客鉄道株式会社、一般社団法人 街角に音楽を@香川)
協賛:株式会社フソウ、株式会社合田不動産、株式会社百十四銀行、四国汽船株式会社、
あなぶきグループ、香川証券株式会社、ネッツトヨタ高松株式会社、
四国石油株式会社、株式会社アムロン
協力:㈱ヤマハミュージック 高松店、
ドリームネットワークアクティビティ

企画制作 お問い合わせ: 一般社団法人 街角に音楽を@香川 087-851-5855

ゲストプロフィール
●The Timeless Nation (小沼ようすけ+Kai Petite +沼澤尚) feat. 多和田えみ(実験的ジャズ・ソウル・ランドスケープ)

小沼ようすけ・14歳でギターを始める。
2001年にSONY MUSICよりデビュー、10年間在籍。
現在までにSONY他から10枚のリーダー作品をリリース。
2004年、リチャード・ボナ(ba)、アリ・ホニッグ(dr)をフィーチャーしたトリオアルバム”Three Primary Colors”をNyで録音。
2010年、フレンチカリビアンのミュージシャン達とレコーディングした「Jam Ka」発売。
グアドループの民族音楽グオッカの太鼓(ka)がフィーチャーされたこの作品で独自の世界感を展開。
2016年、Flyway LABELを設立。
第一弾作品としてパリで録音された「Jam Ka」の続編、 「Jam Ka Deux」をリリース。
ジャズをベースに様々な国を旅して得た影響、経験を音楽に採り入れながら、世界を繋ぐ創作活動を続けるギタリスト。GIBSON社、La Bella社、DV Mark エンドースメント・アーティスト。
エレキギターの他にナイロン弦アコースティックギターも使用する。
沼澤尚を迎えたトリオに今回はスペシャルゲストとして多和田えみも参加
・多和田えみ
05年、高校卒業後カナダ留学中ストリートジャズバンドにヴォーカル参加し音楽に目覚める。
帰国後06年2月よりナンクル沖縄で音楽活動開始。県内限定シングル“ネガイノソラ”が沖縄インディーズチャートNo.1に輝く。
07年に活動の拠点を東京へ移し、08年4月全国デビュー。これまでに3枚のシングルと3枚のEPを発売し、09年11月、待望の1stフルアルバム『SINGS』を発売し、10年6月には全国6都市ワンマンライヴ「SINGS OF SOULS live 2010」のステージを収録したCD+DVD2枚組ライヴアルバムを発売。
FUJI ROCKを始め多数の大型Liveイベント出演やTVCMソング、数々のアーティスト楽曲へのゲストボーカル参加など多方面で活躍中。
12年4月から6月には東京と大阪で6万人を動員した注目の舞台「ロミオ&ジュリエット」にシンガーとして出演。悲恋の舞台を象徴するシーンで歌う愛のテーマソングに多くの観客が涙を流した。
初の舞台ステージ出演を経て更に幅を広げ、今後の活動に注目を集めている。
経て更に幅を広げ、今後の活動に注目を集めている。

●高橋誠Pasqua(ユーロジャズ)

ヨーロッパの民族音楽をベースに、オリジナルの世界を繰り広げる
ジプシー系ヴァイオリニスト高橋誠を中心に、伊藤志宏(Pf/Acc)、高木潤一(Gui)、海沼正利(Per)という最強の布陣で結成された”Pasqua”によるユニット。心を揺さぶるオリジナル曲の数々に、4人の磨き上げられた瞬発力が遺憾なく発揮された、圧倒的熱量の演奏は唯一の魅力。

●Ojizo(アイリッシュミュージック)

2008年結成、豊田耕三、長尾晃司、中村大史によるアイリッシュ・ミュージックのインストルメンタル・バンド。2011年、初のアルバム「Highlight」発表。2014年、テレビ東京「オレゴンを歩く~LONG TRAIL HIKING~」テーマソングを担当。2016年10月、アメリカ・ポートランドにて現地のミュージシャンを交えての録音を敢行。同ツアー中、ワシントン・Ocean Shoresで開催された「Galway Bay Celtic Music Feis」に出演。2017年3月、ポートランドレコーディングによる2ndアルバム「Via Portland」発表。2018年まで3年連続でアメリカツアーを行い、同フェスティバルに参加し、大成功を収める。2018年はさらに活動拠点をハワイにまで広げる。2019年にはやはりポートランド録音の3rdアルバム「Cranking Out」をリリース。

●松田美緒(ブラジル・ラテン音楽)

ポルトガル語やスペイン語など六ヶ国語を操り世界中で音楽活動を重ねる、歌う旅人。
10代でポルトガルの歌ファドに出会い、20代でリスボンに留学。ブラジルの音楽祭出演をきっかけに、リオ・デ・ジャネイロで録音した1stアルバム『アトランティカ』で2005年ビクターよりデビュー。南米や欧州の国々で現地を代表する数々のミュージシャンと共演、アルバム制作を重ねる一方、2012年より日本内外の忘れられた歌を発掘し、現代に蘇らせている。2014年に発表したCDブック『クレオール・ニッポン うたの記憶を旅する』は高い反響を呼び、文藝春秋『日本を代表する女性120人』に選ばれる。
2016年と2017年、日本テレビ系列『NNNドキュメント』で松田美緒の活動を追ったドキュメンタリーが放映される。日本全国そしてパラオで撮影した『ニッポンのうた』は『坂田記念ドキュメンタリー賞グランプリ』、ブラジルで撮影した『移民のうた』は『ギャラクシー賞奨励賞』を受賞。
2019年、大分の歌の発掘プロジェクトによるアルバム『おおいたのうた』と、かつてのブラジル移民の人たちの想いがつまった歌集として松田美緒+土取利行『月の夜のコロニア~ブラジル移民のうた』を発表。時空を超えるその歌声には、彼女が旅した様々な地域の魂が宿っている。

●SOUTH SIDE JAZZ BAND(デキシ―ジャズ)

結成から30年、西日本唯一のプロのディキシーランドジャズバンドとして活躍を続けている「サウスサイドジャズバンド」を迎えて、明るくハッピーなディキシーのスタンダードナンバーをあつめてお楽しみいただきます。
ジャズの本場、シカゴでの演奏、また来日アーティストとの共演でその実力が大きな評価を受けている彼らの演奏で、「ジャズの歴史」にもちょっとふれながら思いっきりディキシーランドジャズをお楽しみください。乞うご期待!!





Comments