一般社団法人 街角に音楽を@香川

MUSIC BLUEモバイルサイトQCコード
お問い合わせはこちら
『MUSIC TREE』MUSIC BLUEの活動は音楽を愛する多くの方々に支えられています。(もっと詳しく)
Facebook MUSIC BLUEファンページ
You tube ライブムービー配信中
message for MUSIC BLUE 応援メッセージはこちら
『高松ミュージックブルーフェス 2018』5.5-5.6
その日、高松をハーモニーが包む。『高松ミュージックブルーフェス』5.6-5.7
このイベントは終了しました
音楽はひとつの空に向けて。『高松ミュージックブルーフェス』5.4-5.5
このイベントは終了しました
瀬戸内の青に響く。『高松ミュージックブルーフェス2015』5.4-5.5
このイベントは終了しました
街角に音楽をフェスティバルin高松2014
このイベントは終了しました
瀬戸内国際芸術祭2013後援事業『CAFE MUSIC BLUE』7.20sat-9.1sun
このイベントは終了しました
瀬戸内の海に響く歌『街角に音楽をフェスティバル in 高松』
このイベントは終了しています。
東日本大震災復興支援チャリティーイベント『街角に音楽をフェスティバル in 高松2012』
このイベントは終了しています。
瀬戸内国際芸術祭2010公式音楽イベント『MUSIC BLUE』
『SONG IN BLUE』自由のカタチ(オリジナルCD)

今後の活動スケジュール&バックナンバー

[2012/03] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2012年3月11日

春をうたう 栗林公園

 
この3月、栗林公園では県外から素晴らしいミュージシャンが訪れ、
新しい花の息吹のように、新しい音のロマンが生まれます。
美しい始まりの季節、春の栗林公園にて、心よりお待ちしています。
 
 
 
掬月亭コンサート
 
栗林公園内にある貴重な建築物掬月亭。
歴代藩主が大茶屋と呼びもっとも愛用したその場所で、
素敵な音楽を奏でます。
 
日時:3月10日(土)
   1st 13:00~13:30
2st 14:30~15:00
場所:栗林公園内 掬月亭
出演:石川早苗+橋本信二
料金:栗林公園入園料+500円(抹茶+菓子付)

 
石川早苗

ジャズボーカリスト。丸山繁雄に師事。
代々木NARUの「第12回ボーカルオーディション」に合格。
都心・近郊を中心に、日々精力的にライブ活動をおこなっている。
「第2回さいたま新都心ジャズボーカルコンテスト」にて歌唱賞受賞。『Feel Like Makin’ Love』リリース。
ジャズ評論家、岩波洋三氏らより絶賛された。
伸びのある艶やかな声と体全体から湧き出るグルーヴ感は人の心を熱くし、優しく癒す。
 
橋本信二

70年代後半より本格的にライブハウスで活動を始め、
ジョージ・川口(ds)、植松孝夫(ts)らと共演。
常に「自分の歌」を余すことなくギターで奏で上げ、
繊細かつエモーショナルなプレイを聴かせてくれる。
現在、都内のライブハウスを中心に活動を展開。
また1999年、高田馬場に Blues & Jazz の店 『Gate One』 をオープンさせ、こちらにも自己のカルテットやトリオ等で出演している。

 
 
日時:3月20日(火祝)
   1st 13:00~13:30
   2st 14:30~15:00
場所:栗林公園内 掬月亭
出演:ギラ・ジルカ+竹中俊二
料金:栗林公園入園料+500円(抹茶+菓子付)

ギラ・ジルカ

1969年8月15日 神戸生まれ、イスラエルの父と日本人の母を持つ。
神戸のカナディアン・アカデミーで保育園からハイスクールまでを過ごし、
卒業後、ボストンのBerklee College Of MusicへSAX奏者として入学。
2年目よりヴォーカルに目覚め編入し、「Vocal Jazz Ensemble, Reverence Gospel Choir, Vocal Summit」等のグループで歌う経験をしたのち卒業。
神戸へ戻りタレントとしてTV、ラジオの仕事を始める。
1995震災後、東京へ。その後もラジオ、スタジオ、CMソング、キャラクターヴォイス、英歌詞提供、英語のディレクション等をしながらJazzのライブ活動を続ける。
ソロ・ヴォーカリストとして活動する傍ら、Gospel Styleクワイヤー「Voissalot Choir」のディレクターとして、そして、矢幅歩とのDuetヴォーカルユニット「SOLO-DUO」でも活動。
2009年3月には「Voissalot Choir」を率いてNYアポロシアターのステージを踏んだのを一区切りとし、2010年から活動を一時休止。
現在はライブ活動に加え、横浜洗足学園音楽大学ジャズコースの講師としても活躍の場を広げている。
2010年に開催された、第十一回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテストにてグランプリ獲得。
副賞としてシアトルの名門ジャズクラブ「jazz alley」にてライブを敢行し、好評を得る。
同年10月にリリースされた1stアルバム「all Me」は、これまでジャズの中心部ではあまりその存在を知られていなかっただけに、多くのジャズ関係者・リスナーを仰天させ、[JAZZ JAPAN][JAZZ LIFE][ジャズ批評]等の専門誌をはじめ一般紙でも紹介され、朝日新聞では二度に渡って大きく取り上げられた。

竹中俊二

高知県出身。
エレキ、ガット、フォークギターを操り、
ジャズ、RnB、ロック、ブラジル、フュージョン、 ワールドミュージック、テクノ、アバンギャルドなどなど、ジャンルの波を行ったり来たり。
雑食的に音楽をむさぼりながらあらゆるライブ、レコーディング、作編曲、プログラミングをライフスタイルとする音楽家。

 
 
日時:3月24日(土)
   1st 14:00~14:45
   2st 15:30~16:15
場所:栗林公園内 掬月亭
出演:O’jizo
料金:栗林公園入園料+500円(抹茶+菓子付)

O’jizo

今日のアイリッシュ・シーンをリードする若手4 人によるアイリッシュ・ミュージックのインストルメンタル・ユニット。
アイルランドの音楽を中心に、オリジナル曲も演奏する。
それぞれのバックグラウンドに裏打ちされた確かなテクニックを基盤に、
伝統音楽の枠を超えたスケールの大きな演奏やアレンジを展開
しながら、
その温かくエネルギーに満ちあふれた音楽で幅広い層を魅了している。首都圏各地のアイリッシュ・パブを始め、様々な場所でライヴ活動を行っている。
2008 年1st ライヴレコーディングアルバム「Live at KENNY’s」発表。2011 年10 月スタジオレコーディングアルバム「Highlight」発表。

 
 
 
三つ星コンサート
 
 
日時:3月17日(土)
   1st 13:30~14:00
   2st 15:00~15:30
場所:栗林公園内 商工奨励館前
出演:ダニエル・コフリン
料金:栗林公園入園料のみでご覧いただけます。

ダニエル・コフリン

ギタリスト。東京生まれの福島育ち。
現在 ホールやライブハウスでの演奏活動の他に、
東京都認定のヘブンアーティストとして都内各所でストリートライブを敢行中。
2008~2009年 NHKテレビ「ダーウィンの動物大図鑑はろ~!あにまる」テーマ曲演奏
2009年8月 国立新美術館「ルネ・ラリック展」開催記念ソロコンサート出演 …等多数

 
 
日時:3月31日(土)
   1st 13:30~14:00
   2st 15:00~15:30
場所:栗林公園内 商工奨励館前
出演:taca+鳥越啓介
料金:栗林公園入園料のみでご覧いただけます。

taca

1977年岡山生まれ。9才でアコーディオンを始める。
20才でイタリア留学、その後パリへ。
クラシック・アコーディオンをFrederic Guerouet、
ジャズ・アコーディオンをDaniel Mille、作曲・和声をDaniel Goyoneの各氏に師事。
2005年に仏クルヌーブ・オーベルビリエ国立地方音楽院(コンセルバトワール)アコーディオン科を首席で修了。
この間、フランスの世界的ジャズ・ア コーディオニスト、リシャール
・ガリアーノの知己を得る。
仏マルシアック、シャテルロー、アンギャン、ドービルなどに加え、マダガスカルの国際ジャズ・フェスティバルに参加。
2007年のパリ・コレクションでは若手デザイナー前浜進作氏のショーのプレゼンテーションで演奏。
国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)での演奏、
ダンサーとの即興や歌手、ミュージシャンとのコラボレーション、実験音楽も積極的に手がける。
2008年にアルバム”風の谷”でデビュー。
2009年10月に2枚目のアルバム”la route de la soie/silkroad project”をリリース。
2011年フランスのレーベル”Little Genius Entertainment”とアーティスト契約を結ぶ。
2012年春に3枚目のアルバム”WIND OF LEGEND”を日仏同時リリース予定。
 
鳥越啓介

75年 岡山県玉野市出身。
高校時代、吹奏楽部に入部しコントラバスを弾き始める。
高校卒業後、社会人の傍ら地元のビックバンドなどで活動。
99年、PHATのメンバーとなり、2001年、東芝EMI Blue Noteレーベルよりメジャーデビュー。
シングル1枚、アルバム2枚を残し、2003年、渋谷クラブクアトロでのワンマンライブを最後に解散。
その後、ジャズ,邦楽,ポップス,タンゴなど様々なセッション、海外公演、レコーディングに参加。
最近の主な共演者(順不同)
Jazztronik (野崎良太) 椎名林檎(vo)畠山美由紀(vo)
葉加瀬太郎(vln) 齋藤ネコ(vln) 中西俊博(vln)溝口肇(vlc)
村上ゆき(vo.pf) 鳥山雄司(gt) 神保彰(ds) 天野清継(gt)
TOKU(vo) chara(vo)広瀬香美(vo) 織田哲郎(vo.gt.com)・・ほか





Comments